2010年08月18日

8/17 痛恨の一撃

先ほど,誤って実行中のfortranプログラムを終了させてしまいました.
あぁぁぁ数時間分の計算が水の泡に…と思ったのですが,毎iteration
結果を保存してあるので,途中から再開させることにします..


そんなわけで,気がついたら既に8月も後半戦に突入してしまいました.
これはまずいです.非常にまずいです!
予定では既に論文を書き始めている予定だったのですが,未だに推定に
逆戻りしている状態です..
Counterfactual の simulation をやっていると,非常に多くの奇妙な
効果や,あり得ないことが起こったりするわけですが,そういうものの
大部分は推定の段階のプログラムミスに起因していたりするものなので,
結局元に戻ってやり直す…そんな感じの状況が約1ヶ月続いています.


因みに,つい最近のミーティングで,ようやく出た結果を持っていった
ところ,変数の選び方が微妙(ダミー変数を入れ過ぎ)ということで,
もう1回モデルを変えて推定をやり直せ…ということになったり,もう
job market に出られるんだろうかと心配な毎日です..やっぱ6年目?
posted by cournot at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。